ご存知ですか?“母の日参り”

ゴールデンウィークは母の日参り

『母の日』は、母親へ日頃の感謝を表す日として世界中で親しまれていますが、実は20世紀初頭のアメリカで生まれたものだそうです。
母親想いのアンナ・ジャービスが、南北戦争で傷ついた両軍の兵士たちを救護・看護し続けた敬愛してやまない亡き母を偲ぶ日々の中で、世の母親に感謝を表す記念日づくりを思いたちました。彼女の構想に共感した周囲の人々の力もあり1908年5月10日、母が教鞭をとっていたウェストバージニア州グラフトンの教会で「母の日」を祝う会が催され、アンナは母が大好きだった白いカーネーションを祭壇に捧げました。

この時が公的な最初の『母の日』といわれています。その後、世界中に広がり
日本では昭和12年に森永製菓が告知したことで全国的に広がったとされています。

 

アメリカでは、母の日に子どもたちが墓前に集まり、色とりどりの花を手向けたり、食べ物を広げたりしてピクニック気分で過ごす家族もあるそうです。兄弟や孫たちと仲良く過ごしていることを報告すれば、天国のお母さんはきっと喜ばれるでしょう。日本には、お彼岸やお盆など、お墓参りの定番の日がありますが、これまで母の日にお参りをしてこなかったという人も、母の日は“お母さんに会う日”と思ってお参りをしてみませんか。
誰にとってもお母さんは心のふるさと。目を閉じて手を合わせれば、優しいお母さんの声が聞こえてくるはずです。

 

熊本地震発生から一年が経ちました。

熊本地震から1年が経ちました。

気象庁震度階級では最も大きい震度7を観測する地震が4月14日夜および4月16日未明に発生したほか、最大震度が6強の地震が2回、6弱の地震が3回発生し、たいへん大きな被害をもたらしました。熊本地震の犠牲者は、死者225人、行方不明者0人、負傷者2727人、避難者数183882人となっています。

震度7は九州では初、一連の地震活動において、現在の気象庁震度階級が制定されてから初めて震度7が2回観測されるという、これまでに想像できなかったことが起こりました。

改めまして、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、そのご家族の方々に心よりお見舞い申し上げます

墓地・墓所・墓石など、被災された皆様のお力になれるよう弊社社員一同、今できることを実行し、 さらなる復旧復興のために勤しんでまいります。

平成29年4月14日

株式会社橋口石彫工業 スタッフ一同

 

 

東日本大震災から6年が経ちました。

東日本大震災から6年が経ちました。
被害に遭われた皆様に、あらためて心よりお見舞い申し上げます。

今なお、被災地の復興にご尽力されている皆様に敬意を表するとともに、一日でも早く安心かつ平穏に生活できる環境が整いますことを心よりお祈り申し上げます。

 

㈱橋口石彫工業 スタッフ一同